株式会社インターメディア研究所

ハイブリッドQRコード

偽造の心配なく安全!

顔写真も格納できる大容量QRコード

・格納できる情報量は10倍超!(ディスプレイでの時系列表示では100倍以上!)

・重要機密書類(約7,000字)を安全に送受信できる。

・スマホで自撮り撮影した顔写真を格納可能。

・格納された顔写真と顔認証システムと連動し自動チェックインを実現可能。

ハイブリッドQRコードの説明

従来のQRコードは偽装が可能と判明しています。生成・読取の仕様を公開している従来のQRコードの問題を解消するため、ハイブリッドQRコード(特許取得済み)は、生成法・読み取り法は非公開にします。現在、専用リーダーを開発中で、試作機まで完成しています。

コードに格納できるデータ量は、従来のQRコードの10倍超と大きく、バージョン16のQRコードでは、テキストデータは日本語約7,000字、英語20,000文字、顔写真などの画像(4.7KB程度)も記録できます。さらに、ディスプレイへの表示では、時系列変化することにより100倍以上のデータ量を格納できます。

インターネットを経由せずにデータ移行できるため、セキュリティ性が極めて高く、サーバーの構築・運営費用も掛かりません。ホテルのチェックイン時や会員制施設の入館時、有料イベントに欠かせない本人認証や、高機密情報の受け渡しなどに応用可能です。