株式会社インターメディア研究所

電子スタンプ

当社が開発し提供する電子スタンプは、「C-スタンプ」 「G-スタンプ」「B-スタンプ」3種類です。

ネット不要! 気軽な電子スタンプでポイントサービスを導入できます!

C-スタンプは、固有の「静電容量コード」が設定され、それぞれのスタンプを特定・認証できます。電池も不要です。スタンプが使用される店舗や設置場所、サービスなどがひも付けされた「静電容量コード」を認証し、ポイントやクーポンの発行・消込、スタンプラリー、チケットのもぎりなどお望みの機能が利用できます。

 

C-スタンプの技術

従来の電子スタンプは、電極の配置パターンが少なく「静電容量コード」の認識精度に課題がありました。当社は、電極に指からの電流をON/OFFする特殊な機構を設け、各電極をスマホが検知・非検知する独自方式を開発、誤認せず多くの配置パターンを設定でき偽造も困難です。そのため、万単位の利用箇所で使用されるスタンプを特定・認証して、店舗ごとの様々なサービスの提供が可能です。

B-スタンプの技術

レシートレスの決済や電子印鑑が可能に!

進化した電子スタンプ、実用化へ!

B-スタンプはBluetoothを搭載した充電型です。

Bluetooth通信により、POSシステムなどとのデータ送受信が可能です。

スマホにスタンプを押すと、その場でペアリングが完了、インターネットを経由せずにレシートレス・決済が可能です。

さらに、店舗側が様々なサービスをその場で選定し、Bluetooth通信でユーザーに提供することが可能になります。

現在、開発試作機が完成し、様々な用途に対応するためのソフトウェアを開発中で、来春にリリース予定です。

①店員が購入商品を入力、POSシステムと接続されている「B-スタンプ」が購入データを受信し、スタンプ内に一時記憶する。

②お客様がスマートフォンアプリを起動し、無印画面を表示する。

③店員が押印画面にスタンプを押すと、スタンプに一時記憶されていた購入データをスマートフォンが受信。 ④お客様のスマホに購入データが表示され、値段や商品を確認後、決済ボタンを押す。

⑤スマホからBluetooth通信でスタンプが「決済OK」を受信し、POSシステムへ送信する。

⑥システムが、アプリ会員サーバーと決済代行サーバーに指示を送信し、決済を完了する。

⑦決済代行サーバーからシステムに対し、決済完了の通信結果が送信される。

応用範囲

ご紹介したレシートレス決済のほか、スマホで購入したコンサートやアミューズメント施設の電子チケットを認証する際にも利用できます。

スタンプでは、スタンプごとに固有に設定された機器を送信することによって個人認証を可能にして電子印鑑としての利用も可能です。

なお、スタンプの送受信機能は、1秒間で程度の情報の送受信・5KBでは7,000文字程度の日本語テキストや本人確認できる程度の顔写真を送受信可能。

B-スタンプの技術

一つのスタンプでマルチタスクが可能に!

電子印鑑など万全セキュリティーの次世代型スタンプ、誕生!

G-スタンプは、紙に印刷またはディスプレイに表示されたドットコードを読み取り、

映像や音声などのデータが安全に送受信できる、

いまだかつてなかった次世代型の電子スタンプです。

G-スタンプは1つのスタンプで複数のサービスを提供できます。さらに、一度に送受信できるデータ容量が飛躍的にアップしました。インターネットを経由せずに比較的大容量のデータを移行できるので、セキュリティーが高く、機密情報の受け渡しも安心です。教材や本などにドットコードを印刷することで、音や映像が出てくる多様なコンテンツにできますし、電子印鑑や、ECへの応用も可能です。

※G-スタンプは試作機は完成し、iOS上の動作確認は済んでいます。

G-スタンプの応用範囲

店頭でのポイント/サービス付与

①スマホなどの端末でアプリを起動。

②スタンプで付与するサービスを台紙から選択

③スマホをタッチしサービス付与(消し込みも可能)

スタンプラリー

①各拠点にスタンプを準備

②スタンプでスマホをタッチする。

③その通過ポイントのスタンプが押される。

電子チケット認証

①事前にチケットをwebで購入しアプリをダウンロード

②スタンプでスマホをタッチし、G-StampからのIDで認証

③入場可否をその場で判定

※他のスマホでは入場不可

コンテンツ表示

①教材や絵本などをスタンプでタッチ

②スタンプでスマホをタッチする

③スマホにコンテンツが表示される

オンラインショッピング

①通販カタログをスタンプでタッチ

②スタンプでスマホをタッチ

③購入画面が表示される

電子印鑑

①稟議書など押印が必要な書類にスタンプでタッチする

②承認印が画面に表示される

電子決済

①決済用アプリを起動し、決済する金額を入力

②スタンプでスマホをタッチする

③事前に購入したQUOカードや登録したクレジットカードから引き落とされる

各スタンプの性能比較表

 

C-スタンプ

B-スタンプ

G−スタンプ

1スタンプ当たりのコード発行数

1 ID

1 ID

100ID以上

識別可能電極パターン数

数万ID

数万ID

無制限

送受信できるデータ量

1秒当たり5 KB程度

(テキスト:約7,000文字
画像:顔写真)

読取り可能なドットコードは300

参考情報

既存国内製造スタンプでは数100程度

Bluetooth認識により個別ID発行数は無制限